秋田県玉川温泉とは

温泉よりも岩盤浴!!

昔から湯治という体を直すための風呂として温泉が親しまれてきましたが、
温泉がホントに身体に効くのは、「かけ流し」といわれる湧き出たままの温泉のおゆ湯であり、
最近多い循環温泉湯というのは全く意味がないそうです。

しかし残念なことに、日本のほとんどの温泉は「循環湯」なのだそうです。

ただし、秋田県の玉川温泉、鳥取県の三朝温泉、山梨県の増富温泉については、
身体に何らかの効果があるという研究結果も出ています。

どういったことで効果があるのか…というと、玉川温泉の北投石による放射線の影響なんだそうです。

一般的に放射線は身体によくないというのは周知の事実ですが、しかし、最近の研究では、
「低線量放射線」は身体にいいということが、判ってきました。
この「低線量放射線」は身体にいい影響を及ぼすのです。


そして、実は…

玉川温泉で一番いいのは、温泉に入る事ではなく、岩盤浴なのです。
大きな岩畳毛布をかぶって寝転がり、岩盤から出る熱と放射線を一度に身体に浴びるのです。
熱は一種の温熱療法となり、身体が温まったところへラドン光線(低線量放射線=自然放射線の100倍以内)が入ってきて、好結果をもたらすというのです。

ちなみに、地上で人間が日常的にに受けている自然放射線は、年間約2.4ミリシーベルトで、
ホルミシス理論では、その100倍までを健康のための許容範囲であるとしています。

ちなみに地上で人間が自然から受けている自然放射線は、年間約2.4ミリシーベルトで、
ホルミシス理論では、その100倍までを健康のための許容範囲であるとしています。


その理論上の効果は、

・活性酸素の作用を抑制し、抗酸化酵素を増加させる
・ガン抑制遺伝子の活性化、
・細胞膜に蓄積した過酸化脂質を減少させる
・各種ホルモン分泌を促す

岩盤浴マット関連ページ

>>>玉川岩盤浴スーパーマットの詳細ページ
>>>エコム 玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 手首・足首用の詳細ページ

>>>ホルミシス効果について
>>>岩盤浴の効果・効能とは…
>>>エコム 玉川温泉岩盤浴 スーパーマットの口コミはコチラ!

>>>岩盤浴マットで冷え性対策